竹は節があるから まっすぐ伸びる⬆︎


高確率で合格判定の出ていたT君が
一般受験ではなく
あえて推薦入学を選択した理由 …。


ランクが低め だったり
試験の合格率がちょっと怪しい…
という子が
中学校長の面接を経て
希望高校の面接を受けて
合否を頂くという流れが推薦入学です。
入学試験は受けません。


ランクも高く
希望進学校へは一般受験で一発OK
と思っているT君に対し

試験を受けることなく
面接だけで合否が決まる推薦入学を
勧めたのはお母さん

何故って…

「調子に乗っている…(#^ω^)
Tは緊張しやすい質で
面接が苦手だから
苦労をする機会を
少しでも増やしてやろうと思って。」
と、本音を話して下さいました •*¨*•.¸¸☆*・゚


“普通だったらいい” という
T君の意欲不足の姿勢が
お母さんから見て物足りないので
あえての推薦入学を希望!
それで落ちたとしても
仕方がないと思っていると…。


~勉強とは自分の可能性を広げるという事~

それを理解して
どのような結果になっても と
私に託して下さっている
お母さんの氣持ちが
深く深く私に沁み込んできました


その後…T君は高校面接の当日
ガックリして教室に来ました。
「失敗した…きっと不合格
落ち込むT君に対して
自分の頑張りを納得できるように諭し
師として沢山のお話しをしてフォローしました。


3月… 晴れて合格を頂いたT君

今は高校入学後のトップを狙って
当塾で猛勉強しています

30年近い講師生活の父母面談で
衝撃度No. 1の一コマ写真でした